イタチネズミハチ撃退マニュアル

家の天敵!ネズミイタチハチの生態や駆除情報を徹底的に集めます。

イタチ被害と駆除

      2016/01/21

哺乳類に属する動物で、人間の生活に害をおよぼすものを総称して「害獣」と言います。
害獣は、直接ヒトに対し襲って来たり噛みついたりする肉体的な被害をもたらすものや、田畑を荒らすもの、ペットや家畜が被害をうけるものなど、様々な被害をもたらすことがあります。

日本では熊やイノシシ、猿、イタチ、ハクビシン、ネズミ等 多くの害獣が存在し、害獣はヒトが多く住む地域を狙うのが特徴で、山間部や田畑の多い場所だけでなく、近年では都市部でも出没することが多くなっています。

 

住宅に侵入するイタチ

近年イタチが天井裏などに棲みつき、被害をうけるケースが全国で多く報告されるようになってきました。

イタチやネズミのような害獣は、天井裏などで走り回り、騒音などの被害の他、食品などを荒らされてしまったり、排泄物や死骸などによってニオイの原因や、不衛生な状況になります。さらにイタチに寄生するノミやダニによって喘息やアレルギー、皮膚炎など健康被害も発生します。

害獣は一度棲みつくと、さまざまな被害をもたらすだけではなく、さらに繁殖を繰り返すため、放っておいてもいい問題ではありません。

 

イタチ駆除

itachi0617

イタチは狩猟期間内であれば、捕獲することが可能です。
しかし狩猟期間外の捕獲は、 有害鳥獣駆除の許可等が必要になる為各自治体にご確認後行うように注意することが必要です。

またメスのイタチは狩猟獣ではないため、狩猟期間内であろうと捕獲することは出来ません。

ご自身でイタチの駆除を行う場合は、中途半端にならないよう注意しましょう。
イタチを捕獲しようとワナを仕掛けて失敗したケースや、忌避剤を使用して追い出しに成功したものの再侵入されてしまうケースなど、イタチも学習能力があるため、より警戒されて人目につきにくい場所に営巣されてしまうなど、かえって駆除が困難になる場合があります。

 

イタチ関連リンク

イタチの生態と特徴イタチ被害イタチ被害と駆除自分でするイタチ駆除と鳥獣保護法イタチ駆除方法についてイタチ駆除-自分で駆除することは出来るの?ー

 

 - イタチ関連記事まとめ , ,